為になる話



 
地球はあまり大きくありません

3kmで70cm曲っています。
 最近車に搭載しているナビゲーションの性能が格段に上がってきていると思っています。 
目的地に電話番号、住所を入れるだけで簡単に誘導してくれます。 そして解像度の一番良い状態にすると、ナビは、
すこしの移動でも感知して表示してくれます。

 さてどうしてこのような立派な器械ができたのでしょうか?
 科学技術の発達は素晴らしいものがあり、技術の積み重ねによって出来たのですが、実は私は他の考えをもっています。


それは案外思ったよりも地球は小さい天体ではないかと思います。

だから案外難しくなく計算ができたのではないかと思っています。
ここから私の会社までの距離は約3kmです。 南極から赤道までの距離は約10000kmです。 これを比べて見て
勿論10000kmの方が大きいのですがそのその比は0.03%です。この数字は天文学的な大きな差ではありません。


又本州最南端の和歌山県の串本町に展望台があり自分の目で、地球のゆがみを感ずることが出来ます。



ところで3kmで球がいくらひわっていと思いますか?  今朝パソコンで計算したら70cmでした。
結構大きな数字だと思いませんか?
  
地球が思っていたよりも小さい天体であるということですが、私が言いたいのはだから
ゴミを出してはいけないのです。

ゴミを出すと地球はゴミだらけになります。炭酸ガスを多くだすと、地球は炭酸ガスだらけになります。


 南太平洋にモアイ島という島があります。 ご存知の方も多いと思いますが、数百年前に誰もこの島にいなくなりました。

小豆島位の島ですが、島民が無計画にモアイ像をつくりづけ、乱開発を行った
為に島で生活が出来なくなったのです。 

 
私達はこの美しい星、地球を汚してはいけません。

 
今さかんに環境問題が叫ばれていますが、地球の環境改善に最大限の努力をしなくてはいけないと思います。 















為になる話