私の少年時代


ラジオの話





ものづくりについて 書いています。


  時間あれば、お読み下さい。


 私は、小学3年生のとき、「電気の話」という1冊の本を母親に買ってもらいました。
それでどうも 「電気」のことが好きになったようです。
小学3年の時鉱石ラジオを作りましたが失敗に終わりました。

私の田舎(広島県府中市父石町)では電波が届かなかったのです。

小学4年の時、真空管を3本買い求めてラジオを作りまた。

これはみごとに成功しました。
12F 6ZP1 6C6 の3本の真空管です。
12Fで 100Vの交流を直流に変換します。
6C6 で 電波を受信し整流させます。
6ZP1 は電波を増幅させてスピ−カ−にもって行きます。

高学年になるにしたがって真空管の数をふやしていき

最終的には↓このようなラジオができました。




7球ス−パ−ラジオ

昭和32年(1957年)製作

中学2年のときに編集したノ−ト 昭和32年(1957年)
パソコンの話



 家業は木工業でしたが、木工技術を覚えるよりも、先端技術を
学んだ方が良いと考え大学は電気工学科で学び、卒業と同時に、家業をつぐため
郷里(広島県府中市)にもどりました。

 しかし電気に趣味を持っていた私は、木工の仕事ではもの足らず
パソコンに夢中になりました。

 最初は タンディラジオシャック社製 の パソコン TRS-80を1台購入して
BASICを学んで、業務用のソフトを製作しました。

 当時の思いとして、日本の技術よりも、アメリカの技術の方がはるかに
勝っていると感じたものです。

 その後 NECPC-9800スリ−ズを買いもとめBASICを駆使して業務用のソフトを製作
しました。 今でも動いています。実に31年も動いているのです。

 もう部品がないので今のシステムに変更したいのですが、あまりにも自作のソフトの方が
軽快なので迷っています。


 ウインドウズ95が1995年に発売されて、
 1996年10月15日に自社のホームペ−ジをオ−プンしました。

 このことは、当社にとって非常に良い結果をもたらしました。
 しかし当時は今のようなパソコンの時代が来るとは思っていませんでした。



タンディ ラジオ シャック社製 TRS-80
昭和56年(1981年)購入

NEC PC9821-V2  
1983年から今まで動いています。
「ものづくり」の意味  

    さて本題に入ります。

  今世間で簡単に「ものづくり」と言っていますが、どうも意味が曖昧なような気がします。
世間で言う「ものづくり」とは、技術を駆使して「素晴らしい商品」を開発して、企業の
発展、雇用の促進をするというものです。

でも「素晴らしい商品」が何であるのかを問いただすことは行われていません。
日本の伝統的な技術を使ってどこにもない、商品を開発することだと考えられていますが
それだけではいけません。

私は本当の「ものづくり」とは、会社に利益が出て、お客様に本当に喜ばれる商品だと思います。


では どうすればよいか?



1 商品に新規性があり役にたつこと

2 価格が手ごろであること

3 ライバルがいないこと(オンリ−ワンであること)

4 特許を取得できる商品であること


前記1,2,3,4について格段の創意工夫が必要です。





オンリ−ワン商品 市場占有率100%
(立ちあがり補助椅子)
折りたたみベッド
オンリ−ワン商品 市場占有率100%
(木製折りたたみベッド)

これからの

「ものづくり」























 

これからの

「ものづくり」 はどうあるべきか?


ヒントは2つです。


デジタル処理が出来ることです。

 WORDが出来れば文章の作成が出来ます。
 EXELLが出来れば表計算が出来ます。
 PHOTOSYOPが出来れば画像の処理が出来ます。
 3次元CADが出来れば製品開発に役立ちます。

 多くの人はこれらが大変苦手ですが、この技術がなければ
 先ず勝ち組にはなりません。

理由は簡単です。

デジタル革命は多くの素晴らしい商品を生み、多くの販売方法を開拓したからです。

この20年間で日本が負け組に転落したのは、この技術を日本国民が
ないがしろにしたからではないかと思います。でもどの経済評論家も、私のような意見は持ち合わせていないようです。

英語がしゃべれることです。

 もうひとつ大事な事は、日本は国際化に遅れていることです。
いろいろと国際化、海外の話はしますが、ほとんどの日本人は英語が
しゃべれません。 おかしな話です。
 これほど文化が優れ、歴史的な資産もあり、頭が良いとされたほとんどの
日本人が ほとんど 英語がしゃべれないのです。
でもなぜだか、あまりこの話は話題になりません。

パソコンの技術を身につけよう


We have to speak Englsh

But
Almost japanese ca'nt speak English?
  Why  Unbeleavable


私たちは英語を話さなくてはいけません。
しかし 日本人は英語を話せないのす。
 なぜかね  信じられません
 お読みいただきまして有難うございます。

  当社は本当の意味での「ものづくり」に専念しています。

    今後とも当社の商品をよろしくお願いいたします。